ブログトップ

仰空日記

88歳のラブレター

 

私の働く施設に、夏ごろまで入所されていた方なのですが

入所中、同じ市内の病院に入院されている夫人と、とても頻回に、

手紙のやりとりをされている方がいらっしゃいました。

夫人の入院で、病院と施設という離れ離れの生活となってしまったので

その日あったことや感じたことなどを書き記し、

互いに報告し合っているのだと楽しそうに話されていました。

 

筆まめな方で、日々の出来事や携わった職員の名前なども

ノートに記されていたのですが、他の方との雑談などにも積極的で、

きっと、ご夫婦で暮らされていたときも

日々、様々なことを話されていたのだろうと思いました。

たぶんそうした何気ない会話の中で、相手の好むものや嫌うこと、

心の機微や変化というものも、理解し合い、

察することができるようになっているのだろうなぁ~なんて思って、

夫人にお会いしたことはないのですが

こんな風に、80代という年齢になっても、互いを気遣いながら

手紙のやりとりをするなんて、素敵だなぁ~と感じました。

 

ご主人は、再び、ご夫婦で暮らす生活を目指し、リハビリに励まれ

夫人の病状の回復を待って、共に暮らせる施設へ移られました。

 

 

なんだかここでは、仕事の話になると、

愚痴っぽいことが多くなっているような気がしたので

決して、ストレスを感じてばかりいるわけではないんですよ♪

というエピソードを一つ、ご紹介してみました。

 

 

 


[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by sawaki-home | 2017-10-13 01:26 | work | Comments(0)

Painting is poetry that is seen rather than felt, and poetry is painting that is felt rather than seen.      [Leonardo da Vinci]

by sawaki
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31