人気ブログランキング |

平成の終り

 

昭和に生まれたけれど、平成に暮らした時間の方が長いのだということを

平成を振り返る番組を観ながら、これも平成だったのか...と感じることの多い

この数日でした。

 

「象徴」という言葉。

主権在民という法に支えられて暮らしてきた自分にとっては、

とても漠然としていて、深く考えることもなく捉えてきた言葉だと感じていましたが

この数日、繰り返し耳する「日本の象徴として」という言葉を思うと

他の諸国から日本という国を見た時に、

日本という国は、こういう想いを大切にしているのです...

日本とは、日本という国に生きる者は、こういう者たちなのです...

ということを示す象徴でなければならないと思われていたのかなぁ~と思いました。

 

そう思うと、この平成を振り返る時間は

いまの私たちは、その行動に象徴されている姿勢に相応しい生き方ができているのかな?

と省みる時間でもあるのだろうと思いました。

 

あと数時間で、「平成」という年号は変わるけれど、

象徴として示されてきた姿勢が変わるわけではないのだろうと思うのです。

平成天皇が示されてきた行動を、賞賛し感謝することが大事なことなのではなく、

その姿勢を自分たち一人ひとりの中で、どう消化していくのかということの方が

少なくとも自分にとっては必要なことなのだろうと感じています。

 

 

 

 


# by sawaki-home | 2019-04-30 15:00 | diary

Painting is poetry that is seen rather than felt, and poetry is painting that is felt rather than seen. [Leonardo da Vinci]


by sawaki