identity


4月に、BOB DYLAN が来日するそうなので
公演は観に行けませんが、映画 『アイデン&ティティ』 を観ました。

パッと見、男性目線の軽めな音楽青春映画...のようでありながら
随所に、哲学的な言葉がちりばめられており
「自分にとってのidentityとは何か?」ということを考えながらも
気重になることなく最後まで観られる映画でした。

特定の誰かの生き方や考え方を
あたかも教祖のようにあがめ、崇拝するような気持ちになることは
ないけれど
人生の中で出逢う様々な人の物事の捉え方や考え方に基づいた
生き方の選択の仕方を
その時々に、自分の人生に重ねながら
自分にとっての大切だと思えることや、自分の中に確かにあると思える感情や
譲れない想いに気づいていく中で
「自分にとってのidentityとは何か?」というものの答えが
明確になっていくような気がしました。


誰かに憧れても、自分の中にある要素を無視した別人にはなれない。
けれど、自分の中に確かにあるのに
大事にしていなかったり、放置していたりしていることで
自分の中にある可能性の芽を摘んだり、
始めからないものとしてしまっていることもあるのではないかと思う。

自分と向き合い、自分自身を深くかつ多面的に捉えることを続けながら
時には、目をそらしたい弱さや傷を認めなければならないとしても
自分自身という現在地を見極めることができれば、
人生にある様々な選択の場面で、
漠然と悩むことなく、自分にとっての最善を選び取っていくことが
できるようになるのではないかと。


他者の影響を強く受ける機会が多くあったとしても
別の考え方や生き方を模索し、考えることもできる中で
それを選んでいるのは、常に自分自身である。

思うようにならない自分の人生を嘆きながら
自分が自分の現状を悲観的にのみ思い込み、
自分にとっての最善を考えて行動することを投げ出していては
想い願うような自分には
永遠に、近づけないのではないだろうか。


「才能」という言葉を使うと、
生まれ持ったDNAとか、恵まれた環境とか
自分のせいではない...という言い訳をしやすくて
自分を慰めやすくて
自分を納得しやすい。

才能がある...と思える人と同じぐらいの
行動と思考と努力をしていると言いきれるのなら
そういう才能の差というものも、あるのかもしれない。

けれど、
「自分には才能がないから、才能がある人より努力しなきゃと思うんです...」
という人と出会うと
自分は、自分に必要な行動をしているのだろうか...?
と思ったりする。


誰から見ても完璧!と思えるような人生は、たぶんない...と思う。
みんな何かしら思うようにはならず
何かを諦めている。
それも自分で選んだ選択の結果であり
そこに、隠し通せない自分が表れているのだろうと思う。







自分に与えられている時間を、どう使っているのか?
何に、どれだけ使っているのか?
自分に与えられているお金を、どう使っているのか?
何に、どれだけ使っているのか?

自分と向き合うのが難しい。
自分の知り方がわからないと思うのなら
そんなことから始めてみるといい。

何に、どれくらい使っているのかがわかったら
なぜ自分は、そうしているのか?
自分の中に、どんな考え方があるから、そうしているのか?を
考えてみるといい。

時間の使い方も、お金の使い方も
人それぞれである。
高級車やブランドものを持ちたいという人もいれば
車は動けばいいし、自分に似合わなければ高級ブランドでもいらない
という人もいる。

人それぞれなのは、一人ひとり思考が違い
大事にしていることが違うからである。

どちらが良いとか悪いを考えるのではなく
自分は、どう思っているのかを、まず考えてみる。

限られた時間や、お金の中で
何を自分は優先しているのかがわかれば
自分を理解するきっかけになる。

その考えや行動が、自分が望む自分のためになっているのか?
それを考えるのは、まず自分を知ってからである。

望む自分の姿があるのに
そうなるためにすべきことがわからなかったり
一向に、そこに近づけないのは、
自分を理解できていないか、
理解しているのに、必要な行動をしていないか
おおむね、そのどちらかなのだろうと思う。
[PR]
by sawaki-home | 2016-02-04 13:14 | diary

Painting is poetry that is seen rather than felt, and poetry is painting that is felt rather than seen. [Leonardo da Vinci]


by sawaki
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30