BEGIN AGAIN


Keira Knightley 主演の『はじまりのうた』を観ました。
音楽的な部分は、詳しくないので語れないけれど
単純に言うと、ニューヨークに行きたくなる気持ちの増す
気持ちの良い映画でした♪

John Carney 監督の『ONCE ダブリンの街角で』も
心地よい空気感のある好きな映画ですが
爽快感は、『はじまりのうた』の方があるかな?

Keira Knightley は、実生活でもミュージシャンと結婚されていて
パイレーツ・オブ・カリビアンやアンナ・カレーニナなど
大きなハリウッド作品にも出演しているけれど
独自の感性と価値観を大事にされながら
セレブ的な生活ではなく、必要なものがあればいいというような
カジュアルな生活を好まれているとか...
そういう話を聞いたりすると、彼女自身の等身大に近い
作品なのかもしれません。

映画撮影も楽しかったんじゃないかな?と感じられるような
作品の中の表情からも、うかがえる気がします。
とは言っても、舞台役者の父と劇作家の母を持ち、
常に、芝居というものが身近にある環境で育ったという方なので
演技力の賜物なのかもしれませんが...

彼女が演じたグレタは、自分にとっての大切にしたいことが
はっきりわかっている女性のように思えました。
結局、彼女は、彼のもとへは戻らなかった...ということなのかな?

なんてことを思いながらも、
プレイリストを見たら、選んだ曲を聴いたらってことになるのかな?
その人物の好みがわかる→故に、その人がわかる
という話は、私にもわかる気がしたと共に、
私のウォークマンのプレイリストを見たら、私はどんな人物だと
思われるのかな?とも思ったりして...
今、聴いてみています。

自分で自分を客観視するのは難しいけれど、
一言で音楽といってもジャンルは様々だし、描かれている詩の世界、
言葉の選び方も多種多様なので、そんな中で、
自分と音楽の好みが合ったり、一緒に音楽を楽しめるって
いいですよね。

誰かと一緒に音楽を楽しむ時間...楽しみたくなる映画。
1ドルのアルバム...私も、聴いてみたくなりました。


 
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by sawaki-home | 2016-05-26 02:10 | movie | Comments(0)

Painting is poetry that is seen rather than felt, and poetry is painting that is felt rather than seen. [Leonardo da Vinci]


by sawaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31