四つ葉のクローバー

 

四つ葉のクローバーを見つけたことはない。

シロツメクサの草原で、足元を眺めてみることはあっても

四つん這いになって、何時間も探すようなことは

したことがないからかもしれない。

 

けれど、四つ葉のクローバーのように

なかなか出会えないものに出会えるような幸運というなら

私にも、思い当たることはある。

 

その中でも、

道端で、四つ葉のクローバーを見つける幸運より

自分自身の人生に、光りをもたらしていると思えるのは

やはり、人との出逢いだろう。

 

生まれて、今日まで

さまざまな環境で、たんさんの人と接する機会があったけれど

自分の心に、光りを感じさせてもらえたと思えるような

目の前の視界に、こんな道があると、

こんな景色があると、新しい風を感じさせてもらえるような

そんな出逢いは、決して多くはない。

 

人は、人生の一部分を誰かと共有しながら、

自分という人生を形づくって、彩って生きているけれど、

その共有できた時間や、深さや、交わした想いの質によって

その誰かとの関係の絆の強さになっていくのだろう。

 

だから、私にとって

四つ葉のクローバーは、確かに存在していて

すでに出逢うことができていると言える。

 

そして、それは

まるで偶然の産物のような装いをしながらも、決して

ふいに空から降ってくるようなものではなく

四つん這いになって、探し出すようなものでもなく

自らの感性に従う中で

そこに導かれる必然があったのだと思っている。

 

 

 

 


[PR]
by sawaki-home | 2018-06-27 00:40 | imagination

Painting is poetry that is seen rather than felt, and poetry is painting that is felt rather than seen. [Leonardo da Vinci]


by sawaki
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31