反面教師

 

誰かに対して「ムカつく!」と思うことがある。

それこそ、自分の中にある怒りの爆弾に

火がつくような感覚というのか。

 

若い頃とは違って、年齢を重ねると共に

その爆弾の導火線にも長さを持てるようになっていて

火が付いた途端に爆発ということはないけれど

大人になることで

火が付くような感情がなくなるというわけではない。

 

そんな「ムカつく瞬間」と遭遇する時、

心のどこかで「自分は、こんな人間ではない」と

思っているのだと思う。

そして「こんな人間には、なりたくない」と

思っていたりするのだと思う。

 

けれど、そんな自分が、

実は「ムカつく相手」と同じことをしていたりする。

「自分の判断は絶対に正しい!」とする思考は

判断の内容に相違はあっても

その判断のもとに行動しているのだとするなら

自分の中に、同じ要素があると言える。

「自分の責任にならないように逃げ道を用意してる」

という心理が伝わる言動や行動も

たぶん、自分より相手の方が気づいている。

 

古くから伝わる言葉に

「反面教師」という言葉があるけれど

その人、その場面を、反面教師として教訓にするには

それが悪い例だとして認識できる力量と

自分を省みて、改善できたり

流されず、惑わされない逞しさが必要になる。

 

そう思うと、

「反面教師」より「お手本」の方が、わかりやすくて、

健全だなぁ~と思う。

 

とはいえ、お手本を求めながらも

誰かにとっての自分も

ある時は「反面教師」として映っているのだろう。

 

 

今日は、そんなことを思った。

 

 

 

 

 


[PR]
by sawaki-home | 2018-08-11 12:00 | mind

Painting is poetry that is seen rather than felt, and poetry is painting that is felt rather than seen. [Leonardo da Vinci]


by sawaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31