カテゴリ:diary( 229 )

職場の会議

 

 

ダイヤモンドの原石を見つけようとしているような時間なのに

飛び交う言葉が毒々しくて、泥水の中にいるような気分になる。

この人は、こういう人なんだ。

この人は、こういう人なんだ。

この人は、こういう人なんだ。

この人たちにとって、この発している言葉は、自分の意思表示をするために

正当なものだと認識しているのだ。

それが、私には、とても不快に思える...というだけのことだ。

 

職場も仕事も、学校も近所づきあいも、社会も国も世界も、

自分の好きな人だけで、自分が尊敬できる人ばかりで集まっている

という状況には、ほぼならない。

だからこそ、自分自身に、

揺るがない自分にとって大切だと感じていることを見いだせていないと

声の強い者や、押しの強い者に流されやすくなって

結果、自分からも、他人からも、信頼を得られず、不遇な状況になる。

 

納得できないこと。

蟠りが残ることに、同調したくはない。

だから、同調はしない。

これは、私が、私自身を守るため術。

 

人によっては、自分の気持ちよりも、別の意見だと思われたくないとして

その場しのぎの同調を選ぶ人もいるだろう。

それは、その人が、その人自身を守るための術。

 

 

などと、自分に言い聞かせてみても、

この泥臭い環境の中にも、ダイヤの原石が必ずある!と

辛抱して、頑張った努力の先に、得られる光りがあるのだと思ってみても

こんな泥水の世界から、もう抜け出したいと感じてしまうことがある。

 

昨夜は、そんな夜だった。

 

まぁ、毎月、毎回のことだけど...

でも今年は、たやすく根を上げないと、決めている。

 

 

 


by sawaki-home | 2019-01-17 11:00 | diary | Comments(0)

極寒 2019

 

今日は、冷えてるなぁ~と思っていたら、

日中でも、マイナス二桁が続いていたらしい。

明日の朝は、マイナス20℃の予想が出てる。

 

雪が降らないのは、ありがたいけど。

マイナス20℃って、なかなかな極寒だよなぁ。

 

まぁ、北海道の冬だから...ね。

 

 

 

 


by sawaki-home | 2019-01-13 22:00 | diary | Comments(0)

同期会

 

昨夜は、高校時代の同期会だった。

たまに会うのは数人で、その殆どが前回の同期会ぶりという感じで、

いまどこで暮らしているのかも、どんな職業なのかも曖昧なまま

しばらくすると忘れてしまいそうな泡話をして笑った。

 

同じ時代、同じ学び舎で、たくさんの時間を共有していても

覚えていることは、それぞれ、様々で

一人ひとり、紆余曲折などを経ながら、いまを生きてる。

 

もうすでに、亡くなってしまっている同級生に皆で黙とうを捧げた。

卒業アルバムの中で、笑っている彼、彼女たちが

もうこの世に存在していない。

もう二度と、共に笑い合えないと思うと、寂しくてしかたがない。

 

だからこそ、まだ生きることを許されている私は

私という人生を、誰と比べることなく、のびのびと生きていこう。

格好よく生きられなくたって、私はワタシなのだから。

 

 

 

♪僕はボク(中嶋ユキノ)

 

 


by sawaki-home | 2019-01-03 19:52 | diary | Comments(0)

2019 謹賀新年

 

1231日が仕事納めで、11日が仕事始め。

仕事が終わってから、初詣 に行きました。

 

おみくじを引くと、3年連続 「小吉」でした。

つくづく「小吉」な人間なのだと思いましたが、

同じ「小吉」でも、一昨年と昨年では

かなり印象の異なる「小吉な年」だったし、

今年は「大吉」を望む年ではないと思っているので

いまの私には、やはり相応しいのだろうと

感じています。

 

 

今年も、どうぞ宜しくお願い致します。

お互いにとって、良い年 となりますように...

 

 

 


by sawaki-home | 2019-01-01 23:00 | diary | Comments(0)

2018 大晦日

 

さて、今年も最終日。

一昨年は、「小吉」とは思えないくらいの幸運を感じていたせいか、

今年の「小吉」にも、ちょっと期待しすぎたのかな?と思うほど

やっぱり、これくらいが「小吉」って感じかな?という一年でした。

 

今年の夏ごろまでは、なんとなく、月日の流れが遅く感じるような

水害や地震なんかもあって、なんだか、落ち着かないような

秋ごろからは、家族の入院や手術なんかもあって、バタバタして、

そんな中、一年を通して、自分の体調も、いまいちスッキリしない

これが更年期か?と、常に疲労感が抜けないような日々だったので、

自分の人生の中では、久しぶりに、意欲に欠けていたような印象。

 

目に見えた何かを成しえたようなことは、何一つなくて

苛立つことも、悔やむことも、多かったけれど

それでも、家族の病気は、最悪の結果を免れたし、

自分の身体も、大きな病を抱えているようなものではなかったし、

新しい遊び場を得ることもできたし、

「小吉」としては、十分だったのではないかと思います。

 

来年も、地道に、コツコツ、今できること、今すべきことをして

自分に自信が持てるような力を得るための時間にしたいと思います。

 

 

ということで、今年最後のBGMは...「風を感じて」

 

“自由に生きてく方法なんて100通りだってあるさ”です。

 

 

それでは、よいおとしを。

 

 

 

 

 


by sawaki-home | 2018-12-31 05:00 | diary | Comments(0)

白い夜

 

昨夜から、しんしんと雪が降り積もって

今日も一日、粉雪が、上から降ったり、横から降ったり

下から舞い上がったりしていて

夕方、買い物に出かけたけれど、田んぼを横切る道は

どこまでが道なのかわからないくらい

ホワイトアウトのような視界になっていました。

 

ここの白い景色が、どんなものなのか

写真に撮って見せてあげたいと思ったけれど

道の途中で車を止めると、事故に繋がりそうだったので

ご想像にお任せすることにします。

 

今は、雪はやんでいて、モノクロの世界。

どのくらい積もってるのかなぁ?

明日は仕事だから早起きをして雪かきだなぁ~と

外の様子を覗いてみるのも、この季節の日常。

でも、ふわふわとした雪が降り積もっている白い夜は

すごく綺麗だとも思う。

 

心が、静かに、冷やされていくような気がします。

 

 

 


by sawaki-home | 2018-12-29 23:00 | diary | Comments(0)

初めてのパウンドケーキ

 

決して料理好きとは言えず、ましてやお菓子作りなんて

これまでの人生で、片手で数えられるくらいしか経験がないのだけれど、

なぜかふと、パウンドケーキを作ろうかな?と思った。

もちろん、自分が食べたくて。

 

ということで、パウンドケーキの型や耐熱ボウルなども購入し

レシピを片手に、作ってみました。

 

 

 

f0290717_22233736.jpg

 

 

...と、見た目は、こんな感じ。

チーズ味が好きなので、スライスチーズを溶かしていれたもの。

で、レシピには入ってなかったけど、レーズンも好きなので

ブランデーに浸したレーズンも入れてみました。

(ラム酒の香りが、いまいち苦手なのでね。)

 

味も、まぁまぁ自分の予想どおりの、好みの味だったんだけど

これで成功だったのかな?

なんとなく、もっとふわっとするものじゃないのかな?

チーズ入りだから、このしっとりした感じでいいのかな?

と、やや疑問が残る感じ。

 

でも、美味しいと思えるから、いいか

 

 

 

 


by sawaki-home | 2018-12-26 22:00 | diary | Comments(0)

 

 

 

f0290717_18184742.jpg

 


 

Merry Christmas!!

 

 


by sawaki-home | 2018-12-25 12:00 | diary | Comments(0)

休息の時間

 

身体の休息はもちろん、心にも、頭にも、休息が必要なときがある。

知らない世界を覗いてみたり、聞き流していた音楽に向き合ってみたり

作ってみたことのない料理に挑んでみたり...なんでもいい。

何もしないという休息ではなく、深く考えない、決めないという休息。

とりあえず、今は、そんな感じです。

 

 

  


by sawaki-home | 2018-12-24 10:00 | diary | Comments(0)

満喫

二日間の休日、満喫しました 169.png

f0290717_23564008.jpg



お疲れさまでした。167.png



by sawaki-home | 2018-12-01 23:55 | diary | Comments(0)

Painting is poetry that is seen rather than felt, and poetry is painting that is felt rather than seen. [Leonardo da Vinci]


by sawaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31