人気ブログランキング |

仰空日記

sawaki417.exblog.jp

Painting is poetry that is seen rather than felt, and poetry is painting that is felt rather than seen. [Leonardo da Vinci]

ブログトップ

カテゴリ:diary( 168 )

2019 謹賀新年

 

1231日が仕事納めで、11日が仕事始め。

仕事が終わってから、初詣 に行きました。

 

おみくじを引くと、3年連続 「小吉」でした。

つくづく「小吉」な人間なのだと思いましたが、

同じ「小吉」でも、一昨年と昨年では

かなり印象の異なる「小吉な年」だったし、

今年は「大吉」を望む年ではないと思っているので

いまの私には、やはり相応しいのだろうと

感じています。

 

 

今年も、どうぞ宜しくお願い致します。

お互いにとって、良い年 となりますように...

 

 

 


by sawaki-home | 2019-01-01 23:00 | diary | Comments(0)

白い夜

 

昨夜から、しんしんと雪が降り積もって

今日も一日、粉雪が、上から降ったり、横から降ったり

下から舞い上がったりしていて

夕方、買い物に出かけたけれど、田んぼを横切る道は

どこまでが道なのかわからないくらい

ホワイトアウトのような視界になっていました。

 

ここの白い景色が、どんなものなのか

写真に撮って見せてあげたいと思ったけれど

道の途中で車を止めると、事故に繋がりそうだったので

ご想像にお任せすることにします。

 

今は、雪はやんでいて、モノクロの世界。

どのくらい積もってるのかなぁ?

明日は仕事だから早起きをして雪かきだなぁ~と

外の様子を覗いてみるのも、この季節の日常。

でも、ふわふわとした雪が降り積もっている白い夜は

すごく綺麗だとも思う。

 

心が、静かに、冷やされていくような気がします。

 

 

 


by sawaki-home | 2018-12-29 23:00 | diary | Comments(0)

休息の時間

 

身体の休息はもちろん、心にも、頭にも、休息が必要なときがある。

知らない世界を覗いてみたり、聞き流していた音楽に向き合ってみたり

作ってみたことのない料理に挑んでみたり...なんでもいい。

何もしないという休息ではなく、深く考えない、決めないという休息。

とりあえず、今は、そんな感じです。

 

 

  


by sawaki-home | 2018-12-24 10:00 | diary | Comments(0)

ストレッチ

 

肩の力を抜いて

ゆっくり呼吸をして

無理せず、

気持ちがいいと感じるかどうかだけに

思考を集中させて

伸ばしている部分に効いている🎵

と思いながら

血流が広がっていくのを

感じる

 

 

日々の暮らしは

思うようにならないことや

煩わしいこと

怺えなくちゃならないこと

がっかりすること

頑張らなくちゃならないことなど

心の動きと

頭の動きが

合っていないことに気づきながら

過ごさなければならないことが

少なくないから

せめて、

自分のために過ごせる時間は

心地よくできることを

楽しみたい🎵

 

ということで、ストレッチ。

「より効果的に」とか「合理的に」とか

あまり深く考えないで

硬くなって、血流が滞っているような

身体をほぐすということだけ

 

「う~伸びてる!」

「お~気持ちいい!」

とだけ。

 

自分にとって、

気持ちがよくなることを大切にするのは

自分を大切にすること

 

長年、共に過ごしている身体だもの

日々、フル回転で考えている頭だもの

油断してると乾いてしまう心だもの

労って癒してあげよう。

 

 

いまの私は、まずそこから。

 

 

 

 


by sawaki-home | 2018-09-02 10:00 | diary | Comments(0)

今朝の夢

 

 

私は、ひとり旅をしていた。

どこへ向かうというわけでもなく、列車に乗っていて

ふと目にした田舎町の駅前の風景が

生まれ育った町の風景に似ていると感じて、衝動的に降りてみた。

ここで暮らすのもいいかも...と思いながら

駅前の道を歩いてみる。

通りすがりに出会う人たちは、皆、快く声をかけてくれるけど

見知らぬ旅人に、町全体で、何かを隠しているような

そんな印象を受けた。

ふと、帰りの飛行機の時間が気になった。

時計をみると、とても余裕があるとは思えない時間だった。

こんなのんびり衝動に任せている暇などなかった。

慌てて駅に行って、次の電車の時間と切符を、売り場の駅員さんに

お願いする。

のんびりとした雰囲気の駅員さんは、

「ひとり旅?そういう人、多いんだよね。綺麗な景色をみたいなら

 ここじゃだめだよ。こことか、こことか...」と地図を広げだす。

時間が差し迫っている私は、

「いいんです。もう帰るので。」と言う。

すると駅員さんは、不満げな様子で、次のお客さんの対応を始め

列車の時間も教えてくれず、切符も出してくれなかった。

しかたなく私は、別の売り場を探す。

別の売り場で、すぐに切符を出してもらえたけれど

列車の時間は、どう急いでも、ホテルに荷物を取りに行ってから

空港に向かっていては、飛行機の時間に間に合いそうにない。

まっすぐ空港に行って、荷物はホテルに電話して送ってもらおうか?

この飛行機に乗らなければ、今日中に戻れない。

明日は、仕事なのだから...でも、それでも間に合うのか?

どうして私は、こんな計画性のない行動をしてしまったのだろう?

と悔やみながら、

やっぱり、どんなに予定を変えても、誰にも迷惑をかけない

時間とお金に余裕のある旅ができるようにならないとダメだな...と

思ったりしている。

 

飛行機を諦めて、3人の女性たちと相部屋の宿に泊まる。

3人のうち2人は、一緒に旅をしている友人のようで、旅の予定を

地図を広げながら話している。

別の1人は、旅をしているような服装ではない若い女性で、

終電に乗れなかっただけのように横になっている。

私も、4人が横になったらいっぱいのような部屋で、鞄を抱えて

眠ることにする。

 

朝、なぜか1人が、私のよく知る女性になっている。

彼女は黙々と、これから訪れる外国の街の地図を白い紙に描いている。

その街の地図が、完璧に頭に入っているようで、建物や道の名前も、

どんどん書き加えていく。

私は、その様子を見ながら、やっぱりこれくらい周到に、

しっかり、自分の目的と向き合って、

準備しておかなくちゃダメなんだよなぁ...と感じている。

 

そんなところで、目が覚めた。

 

 

 

 


by sawaki-home | 2018-07-13 12:00 | diary | Comments(0)

夢の中の自分

 

夢には、思いがけないような人物が、とても親しげに登場することがある。

学術的に「睡眠中の夢」とは、どんなもので、自分の中のどんなものが

影響するのか...ということを調べてみても

いろんな説や解釈があって、どれもピンとこない。

 

ただ一つ、自分自身の夢の中で感じているのは、

現実の自分にとって、恋愛感情をもって惹かれている人が夢に登場すれば

夢の中の自分も、その人に同じ感情を抱いているけれど、

思いがけない人が、どんなに親しげな友人のように登場しても

そこには、やはり恋愛感情はない、ということだ。

 

睡眠中の夢の中の物語は、目覚めた時に思い出すと、

驚くほど、ありえない場面展開で、すすんでいくのだけれど

夢の中の自分は、自然な成り行きとして、その場面場面を経験していて、

その夢の中で、懸命に考えていたり、焦っていたり、喜んだり

がっかりしたり、怒ったり、いいかげんなことを言っていたりする。

潜在意識や、抑圧されている意識が反映されているというなら

私という人間は、喜怒哀楽も激しく、そして支離滅裂だと診断されるかも。

でも、夢の中の自分の思考のもとになっているようなものは、

やっぱり、日常の自分と変わらない気もする。

 

 

何も予定のない休日。

起きる時間など、何時でもいいような

目覚ましをかけずに

起きたくなった時に起きればいい。

そんな、自由な気分の朝に

思いがけない展開が続いていた夢で目覚めたりすると

再び夢の中に戻ろうとしてしまうような

回想の中で、夢の中の自分と向き合いながら、

朝の12時間が過ぎてしまう。

 

 

 


by sawaki-home | 2018-06-20 11:00 | diary | Comments(0)

老眼記念日

 

老眼になった。

今夜、それを初めて自覚した。

小さい文字を見ることに苦痛を感じるというのは

少し前からあったけれど

それでも、近眼の方が強くて

近づけた方がよく見えるという状態だったけれど

今夜、小説を読もうと思って

本を手にしたら

文字がぶれて見えにくくて

近づけて見ても、ピントが合わなくて

もしかして?と思って

少しずつ遠ざけてみたらピントが合った。

 

うわぁ!大人の階段!

また一つ上がったよぉ~という、

ちょっとした感動を記しておきたいと思って

『老眼記念日』

 

小さい文字を見る時に、老眼鏡をかけるって

とっても大人っぽい仕草だ。

どんな老眼鏡にしようかなぁ~♪と

わくわくしてくる。

 

 

 


by sawaki-home | 2018-05-10 23:00 | diary | Comments(0)

咲いた♪

  
穏やかな日差しと心地よい風。
日陰には、まだ残雪もあるけれど、ようやく春!という感じ。
 
ここ2日間くらい、日中の気温も上がってきたせいか
我が家のつぼみたちも花を咲かせていた。
 
 
f0290717_22140508.jpg
 
f0290717_22142921.jpg
 
f0290717_22145098.jpg



 
 


ツツジや桜は、少しつぼみが膨らんできたかなぁ~?というくらい。
春の味わいは、これからだ。


 

 

 

♬ 野に咲く花 feat. 宮沢和史(Fairlife



by sawaki-home | 2018-04-20 16:00 | diary | Comments(0)

つぼみ

 
 
f0290717_13193313.jpg
 
 
f0290717_13200177.jpg
 
 
f0290717_13202687.jpg
 
 
 
 

 

まだまだ零下となる夜もありますが


花たちは、少しずつ少しずつ


つぼみを膨らませて


花開く日への準備を始めているんですね。


 


今日は、雨ですが


つぼみの健気さに励まされています。


 


 

♬ つぼみ(ロクセンチ)

 

 

 




by sawaki-home | 2018-04-15 13:00 | diary | Comments(0)

ちょっとの楽しみ♪

 

ふと、自分は何をやっているんだろう...

なんて思うことがあるんですよね。

 

スポーツ観戦をしたり、友人たちとの時間を過ごしたり

仕事が無事に終わったりすれば

楽しい気分になったり、ホッとしたりもしているのだけれど

片付けの終わっていない部屋や、

ちっともスマートになっていない身体とか

読みかけのまま積まれた本とか、

何も描けないでいるキャンバスなんかに目が行くと

私は、どこへ向かっているのだろう...と、

ため息が、重ぉ~い感じで、湧き出ることがあるんです。

 

まわりの人の姿をみていて

自分の欠点を、あまり重要視しないで他を否定するような人の、

あの傲慢さを感じるような自信はどこから来るのだろう?

と思いながら

他人からの評価を得ることが目的の行動と

能動的な他人への心遣いは別のものだろうとも思いつつ、

かといって自分の感情を殺し過ぎても窮屈だし...

結局は、自分の捉え方が自分を不幸にも幸福にもするのなら

その人にとっては、それでいいのか...

なんてことを考えてみても、
なんとなく自分には、受け入れがたくて疲れてしまったり。

 

などと考えてみると、

私は、「自分の欠点を自覚していると思っている」ことで

自惚れた人間にはならないように...

という意識が、潜在的にあるのだと思ったのですが

その欠点に意識が向きすぎていることで

日々の暮らしを、自分の現状を、

つまらなくしているのかもしれないとも思ったんですよね。

 

 

 

と、前置きが長くなってしまいましたが、

そんなわけで、試しに、

まずは、自惚れでもなんでもいいので

「現状の自分は、自分として完全だ」と思ってみることにして

いまのままでも完全なんだけど

これをしたら、より、ちょっと楽しくなる♪かな。

これをしたら、より、ちょっと面白くなる♪かな。

これをしたら、より、ちょっと幸せになる♪かな。

という気持ちで過ごしてみようかな?と。

 

 

春なのでね。

なにか新しいことを、試してみよう!ということでね。



 

 

 


by sawaki-home | 2018-04-07 13:05 | diary | Comments(0)