<   2018年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

草むらに寝ころんで

 

 

―人生に行き止まりはない。―

とはいえ「行き止まりか... 」と感じることは、あるんですけどね。

 

でも、どんなに行き止まりを感じても

「いまできること」が、なくなることはないと思うんですよね。

そして、「いまできること」をしている経過の中で、

ある時ふいに、別の道が見えてきたりすることがあるのだと。

今月に入ってから、ふと思い浮かんだことが2つあって、

もちろんまだまだ、こういう道(方法?選択?)もあるかな?と

思いついたくらいなのですが、

選択肢が増えたと思えてきただけで、これからの人生に

ちょっとワクワク感が出てきたんですよね。

 

なんとなく、歳を重ねてくると、この先の暮らしって、

こんな感じになるのかなぁ... って、想像してしまうというか、

何が起こるかわからないとは、思えなくなるというのか、

どこか、新しいことが減っていくだけのように思えていたところが

私にはあったんですよね。

でも、その2つは、どちらを選んでも、わからないんです。

経験したというだけで終わるかもしれないし、

そこから思いもよらなかった展開になっていくかもしれないし。

そのわからない感じが、なんだかいいんですよね~。

ワクワクしてくるんです🎶

 

そんなことを言いながらも、今日までの延長のような暮らしを

続けていくことになるかもしれません。

人生とは、何かを計画している時に起こる別の出来事なのでね。

ただ、それでも私は、やっぱりまだ、未知の可能性が自分にあると

思っていたいんだなぁ~って、自覚したんですよね。

 

 

 

これまでも、自分の人生を手探りで生きてきたという感じなので、

思うような結果に辿り着けなかったことばかりなのですが

どんなに挫折を繰り返して、どんなに歳を重ねても、

それを理由に、楽しめなくなる選択をしたくないなって思うんです。

 

人には、いろんな生き方があって、幸せの選び方があって、

他人から見れば、共感できなかったり、理解できないと感じることも

多々あると思うけれど、結局は、人は誰でも、

その人にとって、それしか選べない道を歩んでいるように思います。

何を優先させてきたかが、その人の生き方という個性となって、

何かしらの喜びを得ているのだと。

別の誰かの生き方を参考にすることはできても、自分が求めている

幸福感を得られるのかどうかは、わからないですもんね。

 

 

だから私は、いまの私で、

同じところを、ぐるぐる回りながらも、

少しずつ、踏みしめてきた場所が、少しずつ、広くなっていって

その中を何度も転がって、草まみれになりながら

青空を見上げ、流れゆく雲を見送るのだろうと思うのです。

そして、そんな中で感じる風が、とても心地よいことに

私は気づいているのだと思ったんですよね。

 

 

暦の上では立春を過ぎても、まだまだ極寒の日々を過ごしていますが

感情の起伏が、四季のようにめぐるものだとするなら

私の今日は、ちょっと春の足音を感じた日... といえる気がします。

 

 

 

 

春の手紙(大貫妙子)

 

 

 


[PR]
by sawaki-home | 2018-02-18 02:29 | diary

良薬は口に苦し

 

苦い薬って、口に入れた時に、

うわぁ... 143.png って、気持ちになりますが

こんな苦い薬を何度も飲みたくないと思って

健康に気をつけるようになったりするなら

薬効は、成分だけではないかも?

と思ったりしました。

 

そういう意味でいうと

日々の暮らしの中で経験することも

苦い想いをしたことの方が

その後の自分の考え方や選択のし方に

影響を与えているように思えて

だからといって、

そんなに何度も苦さは味わいたくないけれど

こういうことも「良薬は口に苦し」かな?

と感じました。

 

 

夢想的な願いを思い描いて

現実とのギャップに気持ちを沈めるより

現実的な階段を選びながら

思い描く場所をめざすというのが

いいのかな?... なんて

そんなことを感じた休日でした。

 

 

 

 

 


[PR]
by sawaki-home | 2018-02-13 02:55 | diary

イマジネーション

 

 

誰が言っても無駄なんだ

彼女は、わかっているのだから

 

幻想の門をくぐり抜けて

腕時計を外して

手鏡を置いて

青い地図も捨てて

 

誰が引き留めても無駄なんだ

彼女は、気づいているのだから

 

また同じところに戻ってくるだろうと

また同じところから

やり直すことなどできないことも

彼にとっての彼女が

どんな場所にいるのかも

 

それでも彼女は

生命の息吹を感じる方へ

生きている息吹を感じる方へ

 

 

何を選ぶことが愚かなことなのか

彼女は、わかっているのだから

 

 

 


[PR]
by sawaki-home | 2018-02-10 04:17 | imagination

MIDNIGHT ALLEY

 

 

今夜は、FM COCORO の「MIDNIGHT ALLEY」を聴いてきます。

ノントークで流れていく感じが、夜更けのBGMに心地よい感じです。

邦楽、洋楽、様々な曲が選ばれていて、

救われるような想いになったり、癒されるような気持ちになったり、

遠い空に、想いを馳せたり... しています。

 

そんな中からの今夜の一曲は...

OVER JOYED Stevie Wonder

 

ラジオで流れていたのは、MARY J.BLIGE の曲でしたけどね。

初めは、THE BEACH BOYS の GOD ONLY KNOWS にしようって
思っていたんですけど、この曲を聴いたら、こっちかな?と。 

 

 


[PR]
by sawaki-home | 2018-02-07 03:57 | music

胸にしまう

 

言いたいのに言えない

とか

言っていいのかわからない

でもなく

 

言わないでおこう

という

 

自分の身を守るために

ではなく

相手の身を案じて


そこにある人間関係や立場や

口にすることで

起こりうるであろうことを

抱くであろう感情を

察して

胸にしまう

 

そういうことが

そう思うようになることが

大人になるにつれ

増えてくる

 

 

感じたことを感じたように

思ったことを思ったように

起きたことをありのままに話すのは

とてもたやすい

 

けれど敢えて

自分ひとりの胸にしまう

 

そんな心の奥行きが

必要になることもある

 

 

 


[PR]
by sawaki-home | 2018-02-04 16:29 | imagination

ぶれない

 

日本画家の平山郁夫さんの著作です。

以前にも一度読んだのですが、もう一度読んでみようと思い

書棚から取り出しました。

 

あんなに美しく温かい画面を描かれている平山さんでも

迷ったり、悩んだりしたことがあったのだな...と

慰められるような、励まされるような想いにもなったのですが

その中で、いまの自分にも当てはまるような気がしたのは

―水は、少しずつ温まり、100℃で沸騰する。

 けれど、100℃になる前に諦めてしまう人が多い。―

という内容が書かれていた部分でした。

 

長い時間を経て、少しずつ温めてきた、温め続けてきた想いに

時折、冷たい水を差されて、気持ちが萎えそうになることも

たしかにあるけれど、

心に宿る炎を、自ら消してしまったら、今よりももっと

寒々しい感触の中で、生きていくことになるような気がする。

 

何の確証も、確信も見いだせない中で

ぶれずに想いを貫き通すのは、簡単ではないけれど

諦めを纏って生きるのは、とても寂しい。

何ができるのか、どんな未来にたどり着くのかわからないけど

自分の感性を信じて、いまの自分がしたいことをしよう。

心に宿る炎に、手をかざしながら。

 

未来という画面には、心のままに、希望を描こう。

 

 

 




[PR]
by sawaki-home | 2018-02-02 03:08 | book

Painting is poetry that is seen rather than felt, and poetry is painting that is felt rather than seen. [Leonardo da Vinci]


by sawaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28