<   2018年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

夏子の冒険

 

三島由紀夫さんの『夏子の冒険』を読んだ。

これも、何年か前に買って、途中になっていた本の一つ。

 

読み始めの頃は、育った環境の良さと美貌と頭の回転の速さが

彼女の自信となって、大胆な行動や言動に表れているのかな?と

たぶん、僻みのような感情が私の中に生まれていて

彼女に共感できないところが読みすすめられなかった理由かな?

とも思うのだけれど、

とりあえず、そんな彼女が、どんな人に惹かれていくんだろう?

この物語は、どんな展開になるのだろう?と思いながら

読みすすめていくことにした。

読んでいく中で、やっぱり男性というのは、美貌に弱いのか?

と感じたり、足手まといになるなんて考えない思考や行動力って

すごいな...と思ったり、

夏子も夏子だけれど、このお母さんたちの勢いもすごいな...

と思いながら、なんだか面倒なタイプの人たちだな、と、

距離感をもって関わるならいいけど、あまり近づきたくない

タイプの人たちだなぁ...と感じていたのだけれど、

終盤になってくると、その様子が微笑ましく思えてきたりして、

夏子の最後の台詞を聞いた時には、「それでこそ夏子だ♪」と

彼女に拍手を贈りたくなった。

 

三島由紀夫さんの作品は、他に読んだことがなくて、

日本人として、『金閣寺』くらいは読んでおかなくちゃと思って

買ったことは買ったのだけれど、これも開くこともないまま

未だ書棚に並んでいる。

三島さんというと、やはり「割腹自殺」前の姿が思い浮かんで

その印象だけで考えると、この『夏子の冒険』の、特に

夏子の母や祖母、伯母たちの描写が、すごく意外な感じがした。

結果的には、夏子より、彼女たちが経験したことの方が

大冒険じゃないかと思うのだけれど、

夏子の洗練された感じ比べ、小説の中ではブルジョワな感じと

表現されていた彼女たちの振る舞いや言動が、

よっぽど生身の人間らしいと思えて、それまで私が抱いていた

三島さんのイメージと、すごく遠いもののような感じがした。

それこそが三島さんの、作家としての力量ということなのかな?

 

まだまだ、読みかけの本はあるのだけれど、今月は、

『こころ』と『夏子の冒険』を読み終えるという目標だったので

とりあえず目標達成!

小さなことからコツコツと「やりとげる」という経験を重ねて

自分を信頼できるようになっていきたいと思う。

 

 

 



 

 


[PR]
by sawaki-home | 2018-05-20 04:00 | book

こころ

 

夏目漱石の「こころ」を読み終えた。

 

この本を読み始めたのが、いつ頃だったのか...

先生の手紙に入ってから、なかなか読みすすめられなくなって

しばらく放置していたのだけれど、

あまりにも読みかけになっている本ばかりが積まれている

自分の「やりとげる力のなさ」に愕然として

とりあえず、読み終えていこうと。

 

先生の手紙が、自分にとって、どうしてそんなに

読みにくいものだったのか。

それは、言い訳のように、前振りが長すぎると感じて

じれったくなっていたこともあるし、

この小説の題名が『こころ』となっていることに表れている

人のこころの浮き沈みや、目を背けたくなる嫉妬心など

自分の心情の中にも存在する弱さや脆さの要素が

丁寧すぎるほどに、描写されているからだと思った。

 

以前、どこかで、

日本で一番売れている本は、太宰治の『人間失格』と

夏目漱石の『こころ』だと聞いた気がする。

発売されてからの月日が長いということも、その理由の一つ

なのだろうとは思うけれど

時代が変わっても、読んでみようと思う人がいつづけている

というでもあるだろう。

 

万葉集などからも、人が人を想う気持ちや、人生への迷い、

季節から得る風情や情緒のようなものが

人のこころに、変わらずにあるものだと感じるように、

文明が進化して、常識や価値観が形を変えても、

人のこころに生まれる、苦悩や葛藤のような揺れは

たやすく割り切れるものではなく

悔いを重ねながら、生きていくしかないことを知るところに

この小説の読み継がれる理由があるのかもしれない。

 

 
 



 

 


[PR]
by sawaki-home | 2018-05-17 12:00 | book

老眼記念日

 

老眼になった。

今夜、それを初めて自覚した。

小さい文字を見ることに苦痛を感じるというのは

少し前からあったけれど

それでも、近眼の方が強くて

近づけた方がよく見えるという状態だったけれど

今夜、小説を読もうと思って

本を手にしたら

文字がぶれて見えにくくて

近づけて見ても、ピントが合わなくて

もしかして?と思って

少しずつ遠ざけてみたらピントが合った。

 

うわぁ!大人の階段!

また一つ上がったよぉ~という、

ちょっとした感動を記しておきたいと思って

『老眼記念日』

 

小さい文字を見る時に、老眼鏡をかけるって

とっても大人っぽい仕草だ。

どんな老眼鏡にしようかなぁ~♪と

わくわくしてくる。

 

 

 


[PR]
by sawaki-home | 2018-05-10 23:00 | diary

 

日常には、いろいろある。

自分の感情も、いろいろある。

人は、常に未完成で、悩み多き、失敗多き者である。

そうはいっても、

そんな自分を、受け入れきれない夜もある。

 

そんなときには、

ウディ・アレン作品を観る。

 

今日は、3本立て。

『ブルージャスミン』

『マジック・イン・ムーンライト』

『ローマでアモーレ』

 

 

生真面目に考えすぎて、上手くいかないことに疲れて

自分の言動や行動、判断のすべてが

間違ってばかりなのではないかと思えてしまっていても

作品を観終えた時には、

重く感じられた肩の荷が少し軽くなっていたりする。

同じ景色に、別の光りを感じたりする。

 

-お酒を飲むより、ウディ・アレンー

 

ウディ・アレンが問題を解決してくれるわけではないけど

自分の中にも確実あると思える部分を

登場人物たちの中に、見つけることができる。

 

欠点も、良い点も。

そしてそれは、自分の日常の悩みの種になっている人にも。

 

人は、未完で、欠点が多くて、厄介なことになりやすい。

それを客観視して、滑稽だと思えるのがいい。

 

 

 


 

 

 



[PR]
by sawaki-home | 2018-05-03 00:30 | movie

 

 

 

169.png Have You Never Been MellowOlivia Newton-John

 

 

 

 

 


[PR]
by sawaki-home | 2018-05-02 02:00 | music

Painting is poetry that is seen rather than felt, and poetry is painting that is felt rather than seen. [Leonardo da Vinci]


by sawaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31