<   2018年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

北海道の車窓から

今日の函館本線の景色。

f0290717_23010599.jpg


f0290717_23015085.jpg


こんな雪景色を見ながら来たんですけどね。
札幌は、日陰に雪が少し残ってるくらいでした。


[PR]
by sawaki-home | 2018-11-30 22:54 | diary

グレイヘアへの道

 

いまはまだ、髪を染めているけれど、

量的には、白髪がずいぶん増えてきているから

いつ染めるのをやめようか...と

ここ5年くらい考えている。

母は、伸びてきた時に、

白髪が根元から見えてくる感じが嫌だと言って

髪を染めていないけれど、

歳のわりに少ない方なので、グレイヘアという感じには

至っていない。

私は、どうやら父方の遺伝子を受け継いでいるようで

父方は、皆白髪になるのが早く、

私は、そう遠くない未来に、母の白髪の量を

超えるのではないかと感じている。

 

問題は、どのようにやめるか...ということ。

いきなりやめると、生え際から白くなっていく感じになるし

かといって、急にバッサリショートヘアにする勇気もない。

いろいろ考えた結果、

白髪に色を入れるほうに重点を置いてきた、髪を染めるから

黒い髪の色を薄くしていく、髪を染めるに

シフトチェンジすることにした。

前回の色が濃い目だったので、すぐに薄い色にはならないけれど、

この先の自分の変化が楽しみになってきた。

 

悩んだり、迷ったりしていることって、日々いろいろあるけど

その中の一つでも、解決したり、進むべき方向が決まると

悩み、ひとつ分の気持ちが軽くなる。

 

今日は、天気もいいし、

昨夜は爆睡で、かなり長い睡眠をとれたし、

なんだかとても、いい感じだ

 

 

 


[PR]
by sawaki-home | 2018-11-28 12:00 | diary

自責

 

あの時、もっと自分に...

その人の変化を、重要視することができていたら。

 

あの時、もっと自分に...

その人と誠実に向き合う気持ちがあったら。

 

こんなことになることを

避けられていたかもしれないのに。

 

 

そんな自責の念にかられる。

 

 

 

 

たとえば、誰かの態度にムカついたりするとする。

相手の言い分を受け入れられず

自分の言い分ばかり訴えてしまいたくなっているとき、

訴えてしまうとき、

私の人生の道理では、必ずと言っていいほど、

天罰が降ると感じている。

 

どんなに自分の考えが正しいと主張して誰かを責めても

そこまで誰かを責めたり、卑下したりできるほど

自分は完璧に生きているのか?と

思い知らされるような失敗を犯してしまったりする。

 

だから、いつも

誰かを責めたり、傲慢になっている自分に気づくと

この後に、失敗を犯してしまうかも...と

怖くなったり、

何か失敗をしてしまうと、最近の自分は、

まわりに配慮せず、横柄だったり、怠けていたり

していたことはなかったか?と考えてしまう。

 

 

今日も、そんな日だった。

 

  

けれど

常に謙虚に、常に周囲に配慮して、常に正しい選択ができなければ

悔いのない人生は過ごせないのだろうか?

と思ったりした。

 

嫌な想いをした経験ほど、心に根付いて

警戒心ばかり強くなって、

自分の選択が

いつも間違ってしまうのではないかという

不安につきまとわれる。

 

 

無責任に、自責の念を持たない人間にはなりたくないし

自責の念から、備えられる心もあると思うけれど

自責を感じずにはいられないとき

というのは

取り返しがつかないと思うほどに

戻せない時間が、様々な悔いの海に沈み込んでいく。

 

 

 

 

 


[PR]
by sawaki-home | 2018-11-23 22:00 | diary

冬の助歩

 

走るというより歩いている感じ...なので

助走ではなく助歩。

そんな言葉などないという指摘は不要です。) 

 

ついに今季が始まったか...という感じ。

昨日の夜から、まぁまぁの雪景色になっている。

寒くなった、寒くなったと言っても

やっぱり、雪が積もるくらいの気温というのは

空気の冷たさが、かなり違うと

長年、北海道で暮らしていても感じるもの。

 

これから、こちらにお越しの予定のある方は

完全防備でお越しください。

何事も『備えあれば憂いなし』です。

 

 

なんとなく、これが更年期というものなのかな?

今年は、倦怠感と共に過ごしてきたような。

だからといって、何もしないできたわけじゃないけど

ここ数年の中で一番、行動を起こせることが

限定されていたような気がする。

それでも、そんな中でも、

新しい窓や、新しい遊び場を得ることもできたし

やってみようと思えたことには、自分なりに挑めたし

目に見える好転的なことはなかったけれど

今年は、これでいいと思うことにした。

 

 

まだ1か月あまりあるけど、

今年は、年明けに向かうまでのスパートはかけない。

粛々と役割をこなして、今年を終えようと思う。

 

なんといっても、身体が資本なのでね。 

 

 

 

 

 


[PR]
by sawaki-home | 2018-11-22 10:00 | diary

運も実力のうち

 

 

やっぱり私は、

一人しか選ばれないものには、選ばれないんだな...と思った日。

 

運がないのではなく、実力がないのだと悟った。

 

 

運を呼び込むのも実力のうち。

 

 

その事実だけが、そこにある。

 

 

 

 

 

❝ 大谷くん、新人王おめでとう!! ❞

  



 




[PR]
by sawaki-home | 2018-11-14 01:57 | diary

ガラスの水槽

 

海に出られると思っていたら

ガラスの水槽の中だった。

 

同じ場所から、同じ光りを浴びて

同じ場所を泳げるものだと思っていたら

生きられる水が違うんだって

教えられた。

 

もう魔法なんていらない。

 

まわりを取り巻いていた

泡が一つ消える。

 

きみにとっては

きっとそのくらいのことだろう。

 

海に出られる魚と出られない魚がいる。

それはもう

どうしようもないことなんだ。

 

 

 


[PR]
by sawaki-home | 2018-11-12 21:55 | imagination

Painting is poetry that is seen rather than felt, and poetry is painting that is felt rather than seen. [Leonardo da Vinci]


by sawaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30